あおい歯科クリニックのQ&A

Q  

冷たいものを飲むとしみます。虫歯はないようにみえるのですが・・・

A

知覚過敏や噛み合わせや見えにくい部分に存在する虫歯(歯と歯のあいだ)かもしれません。
コーテイングで改善できる場合もありますし、噛み合わせの調整ですむこともあります。
虫歯の場合 口腔内カメラを使って詳しくご説明させていただきます。

Q 歯をぶつけてしまい、一部かけてしまいました。抜かないと無理でしょうか?

A 抜かなくてもよい場合があります。保険診療の範囲で治療することが可能です。
ただし、歯のぐらつきが大きい場合、縦の亀裂の有無などを精査し判断いたします。

Q 歯ブラシをすると血が出てくる

A 多くの場合、歯周炎・歯肉炎の可能性が高いです。
その他の原因として日々の歯磨きが強すぎたり、薬の副作用の症状などもあります。
当院でクリーニングを行い自宅でのブラッシングや予防ケアも指導させていただきます。

Q 他院で抜歯をしなくてはいけないと言われました。

A できる限り歯を残す保存治療をしております。
自分の歯を大切にし、抜歯は最後の手段であると考えています。
どんな歯であっても残しておけば良いというのではなくきちんと精査して判断いたします。

Q 親知らずは抜いたほうがいいですか?

A 親知らずは抜いたほうが良いと思っている方も多いでしょう。
親知らずは生えてくる隙間が足りずに横や斜めになってしまい、トラブルが出やすい歯です。
上下の親知らずがきちんと生えていて咀嚼や歯磨きが問題なくできる場合は抜く必要がないのです。
痛みが出る前に一度見せてください。

Q インプラントとブリッジで悩んでいます。

A 残っている歯や骨の状態によってどちらが良いかメリット・デメリットを簡単に説明させていただきます。
ブリッジでは健康な歯を削って修復するため、支える歯の負担が大きくなり将来的にその歯を失う原因となる可能性があります。比較的、期間は短く作ることができます。
インプラントは全身の疾患等により治療できない場合がありますが、隣の歯を削る必要はなく天然歯のように噛めることにより、全身の健康にも良い影響を与えます。
インプラントは保険適用外となります。
両方のメリット・デメリットをお話ししますので一度ご相談ください。

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3810-5622